銀座四次元ポケットpresents 山﨑晴太郎の銀座トークサロン銀座四次元ポケットpresents 山﨑晴太郎の銀座トークサロン

隔週水曜19:00-20:00ON AIR

MINI REPORT

2018.02.08

イム・ジョンホ vol.1

2月最初の文化百貨店。お越しくださったのは、mount inc.アートディレクター、クリエイティブディレクターのイム・ジョンホさん。なかなかメディアに登場されないイムさんですが、山﨑が強引に誘い来ていただきました。

WEBデザインを手掛けるまで

15歳の時に釜山から日本にやってきたイムさん。デザインなどに興味がある子どもではなかったということですが、高校生の時にWEBデザインに関する年鑑を見かけて衝撃を受けたことが、今の仕事へ繋がる原体験だったそうです。 その後、23歳の時に憧れの人ばかりがいたという前の会社へアルバイトとして入社。当初はHTMLコーダーでの採用だったそうです。

最初に感動したのがビジュアルだったので、デザインがしたいと思っていたイムさんですが、自分が感動できるものばかり作っている会社だったので、しがみつくという気持ちでキャリアをスタート。 情報設計やプロジェクトマネージャーなど、WEBづくりのすべてのプロセスを経て、デザインにたどり着きます。

当時は回り道だと思っていたようですが、すべてを経験したことで、今では自分の発言によって、どこがどうなっていくかを想像しながら話ができるので、実務的なディレクションに役立っていると言います。

サイトづくりへの想い

何とか良くしようと最後まで粘り強くWEBサイトを作る人でありたいというイムさん。そんなポリシーで数々のサイトを作られてきましたが、完成までの過程は辛いと言います。

100がゴールだとしたら、そこにたどり着くまでは99まで来ても未完成を見続けることになるので、100を目指している人間にとっては苦しいのだとか。 そんな生みの苦しみを経て世に出たサイトによって、価値観が変わったり、わからない事がわかるようになるような経験をしてもらいたい。そして、自分で「とんでもないものを作った」と思えるサイトをつくることが目標であり、目指し続けていることでもあるとWEBサイトづくりへの想いも話してくださいました。

モノ選びのこだわり

コレクション癖がなく多くのモノに囲まれるタイプではないと言うイムさんは、モノで人生が変わった経験があると言います。大学生になった頃、免許を取るかパソコンを買うか悩んだ結果、パソコンを選択。そのパソコンによってインターネットを通じて色んな知識に触れたり、ものづくりを体験でき、見える世界が広がったとそうです。 その時に、一番良いパソコンを選んだというイムさん。後悔をしたくないから、良いモノを選ぶというポリシーがあるようです。

そんなイムさんの最近のお気に入りはLeicaのM10。元々趣味で写真を撮っていたそうですが、M10はシンプルだけど持っていて気持ちが上がるので毎日持ち歩いているのだとか。そのカメラで収録中に何枚か山崎も撮っていただいていました。

「すさまじく良い話だな」と山崎が感じたイムさんとの時間でしたが、この辺りで今回は閉店。イムさんの良い話の続きは、次回2月11日の放送でお送りします。

mount inc. 代表/アートディレクター/クリエイティブディレクター

イム・ジョンホ

1977年韓国 釜山生まれ。2000年よりピジネスアーキテクツ入社。アート・ディレクターとして、FUJIFILM、積水ハウス、イオングループなどの大手企業サイトを手掛ける。
2004年独立、フリーランスを経て、2008年に梅津岳城(うめつ たけしろ)と共にmount inc. 設立。近作は、星のやWEBサイト(https://hoshinoya.com/)、サントリー山崎蒸溜所「YAMAZAKI MOMENTS」(http://yamazaki-moments.jp/)、Suntory『DNA GLASS』(http://dna.glass/)、トヨタ自動車公式WEBサイト(http://toyota.jp/)、TOYOTA GAZOO Racing『ニュルブルクリンクへの挑戦2016』(http://gazooracing.com/pages/special/challenge/)、瀧本幹也写真事務所オフィシャルWEBサイト(http://mikiyatakimoto.com/)、HEARTLAND『SLICE OF HEARTLAND』(http://sliceof.heartland.jp/)、SUNTORY『3D on the Rocks』(http://3drocks.jp/)など。
カンヌライオンズ、One Show、Clio Awards、D&AD、NY ADC、London International Awards、Spikes Asia、Ad Stars、グッドデザイン賞など受賞多数。
http://mount.jp