銀座四次元ポケットpresents 山﨑晴太郎の銀座トークサロン銀座四次元ポケットpresents 山﨑晴太郎の銀座トークサロン

隔週水曜19:00-20:00ON AIR

MINI REPORT

2017.05.28

佐藤 佐吉 vol.1

5月最終週の文化百貨店にお越しくださったのは、映画監督/脚本家/俳優の佐藤佐吉さん。ニューヨークに留学していた頃に映画を学んでいた山﨑は、始まる前からお聞きしたいことが満載の様子です。

脚本家になるまで

教科書の出版社に就職していた頃に映画のことを話せる仲間がいるだろうと通ったのが、大阪の巨匠・藤本義一さん主宰のシナリオスクール。そこで「なんとなく褒められた」ことが、映画業界に入っていくきっかけになったのだとか。映画業界に入ってからは、サンダンス映画祭に日本のインディペンデント部門を作ったことで新人の発掘がシゴトとなっていた佐藤さん。そんな中で、三池崇史監督や犬童一心監督と出会っていきます。今を時めく監督たちがまだ注目されていない頃に「この人たちを世に出すのは自分の脚本だ!」という思いから、脚本を書くようになったのだそうです。

脚本の書き方

大島弓子さんの漫画が原作、犬童一心監督の『金髪の草原』でデビューした佐藤さん。この作品をはじめ、原作のある作品を手掛けることも多い佐藤さんのポリシーは「本当に面白いと思うものだけ引き受ける」。自分が入り込んだ作品を、愛をこめて削って、できるだけわかりやすい脚本にするという方法で映画の脚本に仕上げていきます。
音楽からインスピレーションを受けることも多いようで、どんなエモーションを出していくのかを考える時、ランダムに音楽を聴いているのだとか。ぴったりなサウンドが出てきた時に、描きたい世界を教えられることがあるので、音楽から作品を作っていくこともあるということでした。

初監督作品

『東京ゾンビ』で監督デビューをした佐藤さん。それまで、脚本家として十分満足する作品を作ってきたけど、笑いの部分で感じた少しのズレが蓄積していた頃に、原作の花くまゆうさくさんとマッサージ屋で知り合ったのがきっかけだったそうです。
監督として作り上げてみて、狙った笑いに落とせたけども、自分の良い所も悪い所も全部出ると感じたのだそう。観客に届く部分とそうでない部分という部分が、はっきりわかったことが、貴重な経験になったということでした。

最近買って良かったモノは

ノートはこだわって買うという佐藤さん。企画ごとにノートを買うそうで、企画に合わせてかなりしっかり選ぶのだとか。同時に進行しているものもあるので、カバンに何冊もノートが入っているそうです。

今週もあっという間に閉店のお時間となりました。来週も佐藤佐吉さんとの対談をお送りします。次回は、あの世界的監督の話題も飛び出します。文化百貨店、次回は6月4日(日)の深夜0時30分に開店します。

映画監督/脚本家/俳優

佐藤 佐吉

1964年大阪生まれ。大学卒業後、キネマ旬報社及び西友映画事業部に所属し、東京国際映画祭ニッポンシネマナウ部門など様々な企画を通して映像作家発掘に尽力。1999年、犬童一心監督『金髪の草原』にて脚本家デビュー。以後三池崇史監督『殺し屋1』など話題作を手がけ、『極道恐怖大劇場 牛頭』にてブリュッセル国際映画祭最優秀脚本賞を受賞。2005年には浅野忠信さん•哀川翔さん主演『東京ゾンビ』にて長編初監督。以降も作品の多くが海外の映画祭などで受賞や招待上映されている。また、その独特な風貌から『キル•ビル』など国内外の様々な映像作品にも俳優として出演。最近ではNHKで満島ひかりさんが明智小五郎に扮した『江戸川乱歩短編集』や池松壮亮さんが金田一耕助に扮した『横溝正史短編集』の演出、8月19日公開・西村喜廣監督の問題作『蠱毒 ミートボールマシン』の脚本などを手掛けている。