銀座四次元ポケットpresents 山﨑晴太郎の銀座トークサロン銀座四次元ポケットpresents 山﨑晴太郎の銀座トークサロン

隔週水曜19:00-20:00ON AIR

MINI REPORT

2017.06.04

佐藤 佐吉 vol.2

6月初回の文化百貨店にお越しいただいた方は、先週に続いて、映画監督/脚本家/俳優の佐藤佐吉さん。今回は、俳優としての部分を中心にお聞きしました。

演じるようになったきっかけ

出たいという気持ちはあったけど、役者をやるとは思わなかったという佐藤さん。あるボウリング大会で、今の事務所の社長と一緒になり、社長から「マネジメントしてあげましょうか?」という話をしてもらったことから、思いもよらず俳優業がスタートしました。

キル・ビルへの出演

クエンティン・タランティーノ監督のヒット作『キル・ビル』へ出演している佐藤さん。「出てると思って観てもらうと、めっちゃ出てる!」というほどインパクトがある店主役です。タランティーノ監督が日本人をキャスティングする際に『殺し屋1』をかなり参考にしたようで、その流れで「脚本家にも会いたい」とタランティーノと面談することになったのだとか。佐藤さんは当日、急に呼び出されたので短パン・Tシャツ姿で訪れたところ、タランティーノ監督から「チャーリー・ブラウンに似ていて面白いから、俺の映画に出てくれ」と言われ、北京での撮影に呼ばれることに!!
佐藤さんはご自身の出演シーン以外は、監督の隣について演出を見ていたようですが、そこで目撃したのは「一番、現場で楽しんでいるのがタランティーノ監督」という環境だったのだとか。タランティーノ監督の演出は、とにかく褒める!「うまいね。もっと違うパターンできる?」と、どんどん役者を乗せていくということですが、他の海外の監督も同じようなタイプが多いそうです。キル・ビル以来、自身も褒める演出をしようと思っているということですが、「どうしても怒りが先に…」と佐藤さん。なかなか、自分を変えることは難しいようです。

長編と短編

多くの作品に携わってきた佐藤さん。短い方が色々試しても、やり逃げ出来るのでチャレンジがしやすいと思っているようです。短い方が得意との自己分析もありましたが、その理由は…「そもそも、2時間もかけて語らなければならない事があるのか?」「面白い話があれば、この場で5分ほどで語れる」「長編は責任が大きくて醍醐味はあるけど、面倒くさい」と、文化百貨店の雰囲気に慣れたからなのか、何とも言えない本音!?も飛び出しました。

文化百貨店で扱いたいもの

子どもの頃に本屋さんに行って、わくわくしながら知らない本に出会ってきたので、そういう場所をつくりたいという佐藤さん。村上龍さんの『コインロッカー・ベイビーズ』を高校生の時に読んで、世の中を壊して良いんだって気づいたという、その時の衝動が今でも自分を突き動かしているようで、「映画より本の方が好きかも!?」という、最後に爆弾発言も飛び出した6月4日の文化百貨店でした。

佐藤さんが出演された『破門 ふたりのヤクビョーガミ』のDVDが6月21日にリリース。脚本を務めた西村喜廣監督の問題作『蠱毒 ミートボールマシン』が8月19日に公開とマルチにノンストップで動き続ける佐藤佐吉さんに、良い刺激をいただいた山﨑晴太郎でした。山﨑も初期衝動を思い出して、近いうちに「映画をやりたい」なんて言い出したりするのでしょうか。

映画監督/脚本家/俳優

佐藤 佐吉

1964年大阪生まれ。大学卒業後、キネマ旬報社及び西友映画事業部に所属し、東京国際映画祭ニッポンシネマナウ部門など様々な企画を通して映像作家発掘に尽力。1999年、犬童一心監督『金髪の草原』にて脚本家デビュー。以後三池崇史監督『殺し屋1』など話題作を手がけ、『極道恐怖大劇場 牛頭』にてブリュッセル国際映画祭最優秀脚本賞を受賞。2005年には浅野忠信さん•哀川翔さん主演『東京ゾンビ』にて長編初監督。以降も作品の多くが海外の映画祭などで受賞や招待上映されている。また、その独特な風貌から『キル•ビル』など国内外の様々な映像作品にも俳優として出演。最近ではNHKで満島ひかりさんが明智小五郎に扮した『江戸川乱歩短編集』や池松壮亮さんが金田一耕助に扮した『横溝正史短編集』の演出、8月19日公開・西村喜廣監督の問題作『蠱毒 ミートボールマシン』の脚本などを手掛けている。