銀座四次元ポケットpresents 山﨑晴太郎の銀座トークサロン銀座四次元ポケットpresents 山﨑晴太郎の銀座トークサロン

隔週水曜19:00-20:00ON AIR

MINI REPORT

2017.05.21

天野 太郎 vol.2

5月21日の文化百貨店。先週に引き続き横浜市民ギャラリーあざみ野主席学芸員で多摩美術大学美術学部芸術学科非常勤講師の天野太郎さんにお話しを伺いました。

ヨーロッパの美術館事情

コレクションを見るのは無料、展覧会だけが有料というのがヨーロッパの美術館なのだそうです。そして、各美術館がコレクションに誇りを持っているということなのですが、現在、ヨーロッパの美術館は自力で作品を買えないのだとか。1900年代のジャン=ミシェル・バスキアですら100億を超えるという中で、美術館の経済力では何ともできない状況のようです。そこで個人コレクターとタッグを組んでいることが多いとのこと。コレクターは、美術館が必要とする作品を買って寄贈するか、または美術庫代わりに美術館に預けるという時代に入っているようです。

横浜トリエンナーレ

今年は3年に1度開催される横浜トリエンナーレが行われる年。過去2回、キュレトリアル・ヘッドを務められたのが天野さんです。駐車場の一角など普段展示をしない場所を含め、横浜の街を活かしたこの時だけの美術と街のコラボが魅力のイベント。ベネチアのビエンナーレが最古のイベントということですが、その時代の美術の最新の動きを知ることができることと大規模展示だから用意できるアートもあるということなので、街と芸術のコラボを是非楽しんでみてください。今年は8月4日~11月5日までの開催です。

http://www.yokohamatriennale.jp/2017/

 

架空の百貨店でバイヤーとして一角を与えられたら?

番組恒例の質問へのご回答は「食べ物」。ハモンセラーノ、プロシュートなど干し肉が中国までは製法が入っているのに、韓国や日本では残らなかったという例があるようですが、食べ物の歴史がわかるようなプレゼンテーションをしながら、食材を選ぶ、なおかつその食材を使った料理も食べられるそんな空間を作ってみたいという天野さんでした。

といった所で、今回も閉店のお時間となりました。次回5月28日は映画監督、脚本家、俳優の佐藤佐吉さんをお迎えします。

横浜市民ギャラリーあざみ野主席学芸員/多摩美術大学美術学部芸術学科非常勤講師

天野 太郎

北海道立近代美術館勤務を経て、87年の開設準備室より横浜美術館で国内外での数々の展覧会企画に携わる。美術評論家連盟所属。主な企画展覧会は、「ニューヨーク・ニューアート チェース マンハッタン銀行コレクション展」(89年)、「森村泰昌展 美に至る病―女優になった私」(96年)、「奈良美智展 I DON’T MIND, IF YOU FORGET ME.」展(2001年)、「ノンセクト・ラディカル 現代の写真III」(04年) 、「アイドル!」(06年)、「金氏徹平:溶け出す都市、空白の森」展(09年)など。横浜トリエンナーレ2005キュレーター、同トリエンナーレ2011、2014キュレトリアル・ヘッド。多摩美術大学、城西国際大学、国士舘大学非常勤講師。