銀座四次元ポケットpresents 山﨑晴太郎の銀座トークサロン銀座四次元ポケットpresents 山﨑晴太郎の銀座トークサロン

隔週水曜19:00-20:00ON AIR

MINI REPORT

2017.08.06

柳家 権太楼 vol.1

8月6日の文化百貨店。お越しくださったのは柳家権太楼さん。最初の会社名として“まくら”と名付けた山﨑ですが、その由来は落語の“まくら”からという落語好きだから。そんな山﨑がお会いしたくて仕方なかった方が来てくださいました。

落語との接点

落語や漫才師の方と知り合いになる機会があったり、先輩が芸人になったりという環境で育ったという権太楼さん。寄席へも子供の頃から、お母さまに連れて行ってもらっていたそうです。そんな英才教育(!?)の影響か、中学生の時には噺家になることを決意していたのだとか。とは言え、「その時にしかできない事だから、見てみたい」という理由で、高校・大学へ進学。その後、柳家つばめさんの下へ入門します。

柳家小さん師匠

入門後、師匠のつばめさんが早世したため、権太楼さんはつばめさんの師匠にあたる5代目柳家小さん師匠の下に引き取られます。「とにかく凄かった」落語会の第一人者で、人間国宝にもなった師匠のことをそう振り返る権太楼さん。噺家さんからすると「神のような存在」である師匠の着物を畳めるうれしさ、一緒に家で食事ができるうれしさを常に感じていたそうです。とは言え、小さん師匠は、あまり笑わず、家ではしゃべらない方だったようで「ずっと怖かった」のだとか。

寄席での出来事

「寄席での失敗談はないんじゃない」と権太楼さん。うけないのは失敗ではなく、そのお客が悪いのだとか。その時の環境が、笑える状態でない時があるのでお客さんのせいという言葉が出てくるようです。寄席では、演者がどんなネタをするのか出ていないので、直前まで決めていない事もあるようです。前の人が演じたネタと同じ系統のものはできなかったり、その時の客層を踏まえて決めたりするので、奥に上がる(出番が後ろ)の人は相当のネタを持っていないといけないとのこと。とは言え、先に出る人は、奥に上がる人の得意なネタをやってはいけないという不文律もあるようで、寄席は芸のクオリティだけではなく、噺家としての立ち回りもチェックされる現場のようです。

といった所で、あっという間に閉店のお時間です。いつも観ている噺家さんを目の前にして、今回は、特等席で寄席を観ている気分の山﨑でした。来週8月13日も柳家権太楼さんのお話しをお届けします。

落語家

柳家 権太楼

1947年東京生まれ。明治学院大学法学部卒業。1970年4月、柳家つばめに入門、前座名「ほたる」。1974年9月、師匠つばめの他界で大師匠柳家小さん門下に。1975年11月、二つ目昇進、「さん光」と改名。1982年9月、真打昇進、三代目「柳家権太楼」を襲名。1978年、NHK新人落語コンクール優秀賞を受賞し、その後も数々の賞を受賞。2013年には学術、芸術などの顕著な功績に対し授与される紫綬褒章(しじゅほうしょう)も与えられた。