銀座四次元ポケットpresents 山﨑晴太郎の銀座トークサロン銀座四次元ポケットpresents 山﨑晴太郎の銀座トークサロン

隔週水曜19:00-20:00ON AIR

MINI REPORT

2017.09.17

鈴木 杏 vol.1

9月17日の文化百貨店。番組初の女性ゲスト、女優の鈴木杏さんがお越しくださいました。華やかな雰囲気に、山崎もスタッフも少々浮かれ気味です。

鈴木杏さんにとっての芝居

デビューは小学校3年生。ドラマ好きのお母様の影響で、「ドラマに出たい!」と自分から発言したという杏さん。その時の想いのまま、現在までお芝居の道を追求されています。とは言え、大学に入る時には、お芝居以外のことも色々と考えたそうですが、キャンパスライフをあまり楽しめなかったのだとか。そんな時に海外の演出家さんのワークショップに参加し「自分が興奮するのは、やっぱりこれだ!」ということに気づき、改めてお芝居に取り組む決意ができたようです。今は、色んな事に出会うために芝居をしていると杏さんは言います。

役作りについて

舞台の時は1か月の稽古期間中に作り上げていくことが多いのだとか。そんな中で最近気づいたのは“基本的な事は、台本の中に全部書いている”という事。台本に書かれている要素を、難しく考えすぎずにシンプルに拾っていくという気持ちで役を作っていくようになったのだそうです。なかなか役に入り込めない時もあったりするようですが、悩んだ時のために色んな舞台を見ておくべきなのかなと、杏さんは感じているようです。
また、「あの時、役で演じたことはこうだったんだ」と後から実生活でわかったこともあったという子役から活躍されている方ならではのお話しもありましたが、現在わからないのは、最近演じることが増えたという母親の気持ちなのだとか。

ライフワークとしてのイラスト

愛用している“ほぼ日手帳”に、毎日1枚絵を描くようになってからイラストを描く機会が増えたという杏さん。アプリを使ってイラストをTシャツにしたり、舞台の物販に自身のイラストが採用されたりと、杏さんが描いた絵が出ていく機会が増えているそうです。そんな中、障がいのある方が書いた詩とコラボレーションするNHKハート展にも出展されています。

「NHKハート展」Webサイト http://www.nhk-sc.or.jp/heart-pj/art/heart/

全国を巡回している企画ですので、お近くで展示がある際には、言葉からインスピレーションを受けて描かれた杏さんのイラストをご覧になってください。

といった所で、今回の文化百貨店も閉店のお時間となりました。大人の女性になった鈴木杏さんを目の前にして、「杏ちゃん?」「鈴木さん?」どうお呼びするか、探り探りの山崎でした。次回も引き続き、鈴木杏さんのお話しをお送りします。どんなお呼び方をするのかも含めて、お楽しみに。

女優

鈴木 杏

1987年4月27日生まれ、東京都出身。1996年にTVドラマデビュー。以後、テレビ、映画、舞台などで活躍の場を広げ、映画「Returner リターナー」では日本アカデミー賞新人俳優賞と話題賞をW受賞、映画「軽蔑」では高崎映画祭最優秀主演女優賞を受賞するなど、若手実力派として才能を発揮。
2016年、舞台「イニシュマン島のビリー」「母と惑星について、および自転する女たちの記録」の演技で、第24回読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞。近年の舞台出演作として、野田秀樹演出「足跡姫~時代錯誤冬幽霊~」や小川絵梨子演出「マリアの首」などがある。
1987年4月27日生まれ、 東京都出身。1996年にTVドラマデビュー。以後、テレビ、映画、舞台などで活躍の場を広げ、映画「Returner リターナー」では日本アカデミー賞新人俳優賞と話題賞をW受賞、映画「軽蔑」では高崎映画祭最優秀主演女優賞を受賞するなど、若手実力派として才能を発揮。
2016年、舞台「イニシュマン島のビリー」「母と惑星について、および自転する女たちの記録」の演技で、第24回読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞。近年の舞台出演作として、野田秀樹演出「足跡姫~時代錯誤冬幽霊~」や小川絵梨子演出「マリアの首」などがある。